イラストレーション、キャラクターデザイン、マンガ、アニメーション、グラフィックデザイン タコヤクシブラザーズ TAKOYAKUSHI BROTHERS

パノラマ大迷路

パノラマ大迷路 裏話その12【迷路の解き方TIPS】—今回で裏話一旦終了です

パノラマ大迷路の裏話その12
『 迷路の解き方TIPS 』


今回は「迷路の解き方」を少々お伝えします。必要無い方は以下読まないでくださいね
まず、「迷路のルール」をしっかり頭に入れてください(^^!)。重要なのは本の最初に記載されている「共通ルール」です。特に「同じ道は二回通れない」「人や建物などで塞がれている箇所は通れない。また描かれていないところ(木の後ろなど)も通れない」が重要です。
それを踏まえて「TIPS」スタート(^^)/。
以下、文章と画像の両方を参考にしてみてくださいね。



❶:まずは「スタート」と「ゴール」の位置を確認します。その後、それぞれステージ毎に異なる追加ルールがありますので、よく読んでください。


❷:この迷路の追加ルール1「赤い花を10本全部集める」に注目!赤い花がどこにあるかをチェックします。


❸:すると、この赤い花の前は絶対に通らないといけない!ことになります。なので、「ピンク色のルート」は確定!!です。この時注意するのは「一番近い交差点までが確定する」ということ。結構ポイントですよ。


❹:次に注目するのは追加ルール2「変なカッコの人(マ・マ軍団)の前を通らない」です。道を塞いでいる通行人と併せて、通れない場所が判ります。


❺:これで黒色の箇所は通れない!!ことが確定しました。ただし、一番近い交差点の手前までが確定です。交差点まで入れないでくださいね。これもポイントです。


❻:この時点で黒ラインにはさまれた道も通れない事が判明します。ルール上の行き止まり箇所です。
もともとの行き止まりの道とあわせて、判りやすいようにチェックを入れましょう(参考画像の紺色の箇所)。あとは正解ルートをつなぐだけです!


❼:正解ルートを見つけるには、まず「行き止まりになっていて、必ず通るルート」からつないでいきましょう。これでもう正解は見えましたね(^^)。



さて、今回で一旦裏話は終了です。
まだまだ制作秘話はあるのですが、それはまた機会を見て、不定期にアップできればと思っています。
また本のご感想などがありましたらタコヤクシブラザーズ宛にメールをいただけると幸いです。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その11

パノラマ大迷路の裏話その11
『 迷路:マ・マ秘密基地 お宝倉庫 』


マ・マ基地内 お宝倉庫での最終バトル!
暗号を手にいれたヒロトが、エチルと奪われたお宝を救出に向かいます!
応援に駆けつけたパ・パ隊員達と迎え撃つマ・マ軍団!ヒロトは無事エチルを救出してマ・マ秘密基地から脱出できるのか!?
・・・というのがこのページです。息詰まる攻防の末、結末は如何に!という緊迫した場面のはずなのですが、な〜〜〜んか「のどか」です(^^!)。
とくに、異世界から連行され売買されるのを待っている不思議な生き物達が良い味を出しています。
個人的にお気に入りなのは「温泉ザル」と「お茶を飲む緑色のオヤジ」です。もう、部屋の外のことは「知ったこっちゃね〜」って感じですね(^^)。
さて、裏話ですが、温泉宿のような吹き抜け立体構造のこの秘密基地、よく見るとな〜〜〜〜んか変ですよね?実は、普通に描くとカベが隠れてしまい「立体感」が出ないため、エッシャーのだまし絵のようにしています。案外気がつかないでしょ?
実際にこんな作りの建物があるとしたら、外から見ると逆台形みたいになります。
他にも「迷路」を成立させるため、普通に描く以上に細かい調整(別名「ごまかし」とも言う)をしています。決して3Dソフトでは描けません(^^!)。
また、不思議な生き物の中に、「どこかで見た事のある生き物(Wonder Hunterz)」が混ざっています。これも「パラレルワールド世界」で繋がっているという設定です。もしかすると、Wonder Hunterzにパ・パ隊員やマ・マ軍団が登場することがあるかもしれませんよ。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その10

パノラマ大迷路の裏話その10
『 迷路:マ・マ秘密基地 入口 』

『 さがしものクイズ:マ・マ秘密基地 コントロールルーム 』


ついに物語もクライマックス!マ・マの秘密基地に潜入です。
で、ここで舞台は「夜」になります。
このために天空の塔シーンは「夕方」にしたのですが、さて、何故「夜」かというと・・・・、昔から敵のアジトへの潜入といえば「夜」と決まっているから(^^!)。というか、その方が盛り上がるでしょ?
それにマ・マの秘密基地のイメージは「アジアの不夜城」、「日本の温泉街」、「夜祭り」が元になっています。温泉を舞台にした某アニメ映画がありますが、あのアニメも夜のシーンが大変印象ぶかく、なので、この物語でもどこかで夜のシーンを入れたかったのです。・・・それだけ(^^!)。
ということで、本当はもう少し「夜」を強調した画面にしたかったのですが、そうすると「迷路のルートが見えない」、「オマケの探し物が見えない」という根本的な問題が発生したため、ゲーム優先の画面となりました。
折角なので「本当はこんな感じにしたかった!」というサンプル画像を載せてみます。
いかがですか?楽しそうでしょ?・・・・まぁ、どこが秘密基地だ!ってくらい目立っていますが(^^!)。


その次は「コントロールルーム」での探し物クイズです。
また、ここには次の迷路にかかわりのある「暗号クイズ」もありますので、重要なページです。
本当はもう少し難しい暗号にしていたのですが、ちょっと簡単になりました。
それと「問題」にはなっていませんが、「分割ミニ迷路」があります。
昔の8bitダンジョンゲームの画面が3つのモニタに分割して映っている、という設定です。
細かくて判りにくいですが、勇者も画面に映っているんですよ。
もともとはこれも問題だったのですが、文字スペースの都合で説明が省かれました(^^!)。
問題ではありませんが、解答ページにはちゃんと解答が載っていますので、遊んでみてくださいね。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その9

パノラマ大迷路の裏話その9
『 迷路:天空の塔ステージ 』


間違い探しからの物語の続きで、この4ページ見開きの「天空の塔 巨大迷路」に突入します。
しかも天空の塔なので、本を90度回転させて挑戦する「縦長迷路」です。
ルールとしては「パ・パ本部」と同様なのですが、人間の目は左右についているため、天地方向に進行する迷路はかなりやっかい。しかも本が大きいので、なおさらです。
なので、実はこのステージが「迷路」のクライマックス。物語も迷路もまだ続きますが、残りは「迷路+暗号」とか、ちょっと違う趣向になっていきます。
さて、前述したように、この迷路は「ワープトビラ」を探すのがとてもやっかいで、しかも「パース」がついているので、余計に見つけにくいです。
参考までに「ワープトビラ」のノーマルイラストを掲載しておきます。実際には使用されなかったトビラもありますが、ヒントとしてご活用くださいませ。
それとこれもヒントなのですが(ヒントのいらない方は以下の文は読まないでください)「花屋さん10店全部を通る」というルールがポイントです。逆にいうと「花屋の前は必ず通る」ということなので、そこからルートをつぶしていけば案外迷わないかもしれませんよ。「パ・パ本部迷路」も同様なので、「この迷路、難しい」と思った方は是非お試しください(^^)。
また、イラスト制作に関する裏話ですが、このステージから「夕暮れ」になっていきます。これは次の展開への伏線。・・・・といっても、物語として重要な伏線ではなく、次の展開で「夜」にしたかったため。何故「夜」にしたかったか・・・は、また次の裏話で触れたいと思います。といっても、そんなにたいした理由じゃないですけどね(^^!)。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その8

パノラマ大迷路の裏話その8
『 まちがいさがし:塔のある街 』


次は迷路ではなく、「まちがいさがし」クイズです。
ここも台割の関係で本の構成を悩んだところです。
結果、「折り込まれた見えない次のページとの間違い探し」に落ち着きました。
割と難しい迷路本ですが、迷路を解けない子供でも楽しめるよう、「物語(マンガ+探し物クイズ)と間違い探しなど、見て楽しめるページをどう挿入するか」のバランスが難しかったです。

で、ここは「カエルが進化したらしい世界」で、見慣れない形の飛行艇も飛んでいます。バックには、あとで登場する「天空の塔」も見えます。
何度も書きますが、パラレルワールドはあくまで「同一時間経過の地球」です。なのでここも地球なのですね。何らかの影響で進化の法則も物理法則も、私たちが知っているモノとは違ってしまった地球です。
ただ、ここまでくると別の惑星みたいですけどね(^^!)。もはや、今話題のヒッグス粒子の存在から違うのかもしれません。何となく惑星全体の気圧も低そうです。

あと、このページの制作上の裏話ですが、道などのマテリアル部分は「パターン」という機能を使っていて、レンガなどをひとつずつ手書きしている訳ではありません。
それが災いして「間違い探し」のくせに、次のページとこの「パターン」の柄がずれてしまいました!
ずれないように裏技を使っていたのですが、一部裏技が効いていない部分があって、それを直すのに一苦労。まぁ、印刷前に見つかったので良かったです(^^!)。あせった〜〜〜〜。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その7

パノラマ大迷路の裏話その7
『 迷路:訓練ステージ その2 』


次の迷路ステージは、またまた4ページ見開きの巨大迷路「トータル訓練」です。
裏話その6で触れた「番号順にまわりながら連動するチェックゲートもたどる総合ルール」の迷路です。しかもそれに加え、迷路上に立ちふさがる「マ・マ軍団員」8人を全員つかまえなくてはいけません。もう、ルールを覚えるだけでも大変です(^^!)。
このステージなどは特にデジタルゲームにすると面白いんですけどね〜。通過した番号は光り、センサーゲートをくぐるとそれに対応するチェックゲートの扉が開く。マ・マ軍団員をつかまえる時は捕獲銃を巧みに操って・・・とか。まぁ、そんな感じで脳内で補完して遊んでいただきたいステージです(^^)。

さて、このトータル訓練には4つの世界が登場します。
「太陽神をあがめる世界」「科学の発達したアンドロイドのいる世界」「恐竜が進化した世界」「エーゲ文明が発達した世界」です。
なるべくイメージの違う世界を並べて、パワレルワールド感を出してみました。

「太陽神」の世界は、マヤやアトランティスなどの滅んでしまった古代文明がそのまま発達したら・・・という世界。本当はもっと機械化も進んでいると思いますが(^^!)。

「アンドロイド」の世界は、本当はサイボーグ化技術の発達した世界。でも「アンドロイド」の方が何か判りやすいので(^^!)この表現にしました。一応、アンドロイドとサイボーグとヒューマノイドは分けています。

「恐竜」と「エーゲ文明」で出て来るのがヒューマノイドですね。恐竜も全体に小型化しているイメージです。恐竜の絶滅原因は不明ですが、生き残るということはそれなりの環境変化があったのでしょう。今では、恐竜はは虫類の進化した変温動物では無く鳥類と同じ恒温動物であった・・・という説もありますし。「エーゲ文明」は・・・ちょっと謎です(^^!)。どういう進化でしょう?もしかすると気候変化による適応変化かもしれません。

こういう色々な世界のバックボーンを考えるのは楽しいですね(^^)。・・・・え?そうでも無いですか?(^^!)。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その6 ※ここから物語のネタバレ含みます 

パノラマ大迷路の裏話その6
『 迷路:訓練ステージ その1 』


(注)ここから「物語」としてはネタばれに繋がっていきますので、本を未読の方はご注意ください。

さて、次の迷路ステージは「荒野での訓練」と「大海での訓練」です。
ここは本の作り上、観音見開きの導入ページとなるため、2ページ見開きでの迷路をつくることができません(センターが2cmも空いてしまうので)。
なので、本当はこの導入ページはすべて「マンガ」にしたかったのですが、台割・ページ数の問題と物語の構成上、どうしても迷路にするしかなかったのです。
で、困りました。
1ページずつのミニ迷路というだけでは簡単すぎて、全然面白く無い・・・。
どうしようかと悩んだ結果、次の観音開き4ページ迷路まで併せてひとつの迷路と考えてみることにしました。
つまり、左ページの「荒野での訓練」は番号順にまわる迷路、右ページの「大海での訓練」は連動するチェックゲートをたどる迷路、そしてページを開けた4ページ巨大迷路は「番号順にまわりながら連動するチェックゲートもたどる」という総合ルールの迷路にすることにしたのです。
これならここのミニ迷路が少々簡単でも許されるかなぁと(^^!)。しかも物語上も「主人公が訓練する迷路」なので、物語ともリンクしますしね。
ということで、あとはそれぞれのステージに細かい遊びと、ちょっとした物語の伏線なんかも入れてみました。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その5

パノラマ大迷路の裏話その5
『 迷路:パ・パ本部ステージについて 』


この本の最大の売り「4ページ見開き巨大迷路 その1」がパ・パ本部です。
広げると長辺86.8cmになります。これを端から端まで使った迷路です。
迷路を考えるのも大変ですが、このステージから「主人公のヒロト君が見た事もない世界」になるため、ビジュアルをどうするかもずいぶん悩みました。
余談ですが、この物語でのパラレルワールド設定は「同一時間に存在する別宇宙」としました。なので科学技術の違いというより、物理法則自体が違う感じを心がけました。
で、パ・パ本部ですが、各フロアが空中に浮いている多層空間にし、左右と上下を移動する迷路に決定。
最初はその多層構造が判りやすいように、各フロアを色分けしていたのですが、判りにくい方が迷路も難しく感じるかなぁと思い、手前のフロア以外は同色にまとめました。
またワープドアを配置し、同色・同形のワープドアに繋がるようにしたのですが、これは「ワープドア自体」を探すだけで大変だと思います(^^!)。迷路というより、もはや「探し物クイズ」です。はっきり言って、ゲームデバックと解答を作る時も大変な目にあいました(^^!)。
迷路に挑戦された方は、いかがでしたか?

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その4

パノラマ大迷路の裏話その4
『 迷路:街ステージについて 』


公園の次は、ヒロト君が暮らす「街」がステージです。
この街のテーマは「犬」。
このステージの迷路ルールにも「犬」が深く関わっていますが、この街全体が、もう「犬」になっています。
まず、道路の全体図をよく見ると「犬 と ホネの入った食器」が隠れています。
また道路や街の「地紋」も「犬」で埋め尽くされているんですよ。
まぁ、さずがに道路の地紋は小さくて見えませんが(^^!)。
それと街の中に「ポチ」と「ハチ」という、ベタベタな名前の犬がいます(食器ですが)。
さて、気がついた方はおられたでしょうか?

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク

パノラマ大迷路 裏話その3

パノラマ大迷路の裏話その3
『 迷路:公園ステージについて 』


迷路の各ステージには、それぞれビジュアルテーマがあります。
まず最初は「裏山の公園」ですが、ここのテーマは「動物公園」です。
遊具をはじめ、色々と「動物」が隠されているんですよ。
公園内の道自体が「ゾウ」と「トリ」の形をしてるのですが、気がつきました?
また細かい部分をよ〜〜〜〜く見ると、こんなところにも色々な動物が隠れています。
「おまけクイズ」ではありませんが、細かいところまで見てもらえるとうれしいです。

カテゴリー: パノラマ大迷路   パーマリンク